~夏井高架橋の中に記念の絵を~ 平山小学校6年生現場見学会

3月に入り、暖かい日が多くなりましたね。

夏井高架橋の現場も作業しやすい気候が続いています。

 

3月9日(金)、平山小学校6年生12名と先生方を招き、現場見学会を行いました。

①はじまり

 
 
②橋面上見学
 まず、P5の橋の上にエレベーターで上り、移動作業車の見学や橋の上からの景色を見てもらいました。
 
 
③橋面歩き
 

 

④景色見学

 次に、橋の内部の見学のために階段を使い降りていきます。

 

⑤内部へ降りる①

 

⑥内部へ降りる②

 階段を下りた先がどの様になっているのか、皆さんのワクワクした気持ちが伝わってきます。

 

橋が完成し、道路が開通したら一般の方は橋の中に入ることは出来なくなるので、今しか見学出来ない貴重な体験です。完成後の橋は定期的に点検を行いますが、その際関係者は、橋の底面の孔から橋の中に入ります。

⑦写真説明

 

 

⑧事前に絵を

 この見学会よりも前に、皆さんには卒業記念としてひとりずつ思い思いの絵を描いてもらいました。
 
 
トリミングプレート写真
 
 
⑩橋の中
 皆さんが絵を描いてくれたプレートにはそれぞれ「橋脚番号(P6)とブロック番号(BL)が描かれています。夏井高架橋では、長い橋げたを2.5mから3.5mほどの長さに区切ってコンクリート打設を何回にも分けて行いますが、そのひと区切りを「ブロック」と呼んでいます。各ブロックに1枚のプレートを設置することでここが何ブロックなのかが分かるようになり、将来橋梁点検等の関係者が今何ブロックにいるのかがこのプレートで把握できるようになっていますので、皆さんのプレートは夏井高架橋の維持管理を行っていくうえでとても大事なもので、一生残るものです。

 

⑪橋の中見学

 
 
⑫パネル見学
 それぞれの絵をじっくり見学します。

 

 

変更集合写真

 

 橋の内部で記念撮影を行いました!
 
 
 
 この日は雨の予報でしたが、見学会終盤になると雨が止んだので、ドローンで記念撮影も行いました。
 
 
集合写真(坂)

奥の方には皆さんが毎日通学していた坂が一緒に写っていますね!

 

⑮インフォ見学

 現場から再びインフォメーションセンターへ戻り、展示物を見学します。

 

⑯インフォ見学2

 夏井高架橋に用いられている技術や材料、ドローン空撮写真、日本や世界の橋の写真などをみなさん楽しそうに見ており嬉しいです。

 

 暖かい季節になってきたので、興味のある方はぜひいらして下さい。

 

⑰インフォ挨拶

 時間はあっという間ですね。

お礼の挨拶が卒業を控えた6年生らしく、全員の声が揃って大きく、とても立派で感動しました。

 

⑱プレート渡し

 見学会最後に、今回夏井高架橋の内部に設置したプレートの縮小版を一人一人に卒業記念としてプレゼントしました。 
 
 
⑲プレート中身
 このプレートを見て、夏井高架橋の内部にも同じものがある事を思い出してほしいです。
 
 
 
 
 
 
 
⑳集合写真
 平山小学校6年生の皆様、ご卒業おめでとうございます!

 

引き続き、夏井高架橋工事の関係者一同、安全第一に工事の完成を目指していきますので、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

それでは本日も、ご安全に!