夏井高架橋ができるまで

  1.基礎(堀削)

1.基礎(堀削)

       橋の重さを地中深くにある支持層に伝えるために基礎を作ります。                                      その基礎のことを深礎杭といいます。                                          
     堀削には油圧ショベルを使用します。                                                              (硬い地山では油圧ブレーカーを使用する場合もあります。)

 

2.基礎(鉄筋の組み立て)

2.基礎(鉄筋の組み立て)

     堀削が完了したら、内部に鉄筋を組み立てます。

 

3.基礎(コンクリートの打設)

3.基礎(コンクリートの打設)

 鉄筋を組み立てた後、コンクリートを打設します。

地上までコンクリートを立ち上げて、深礎杭の完成です。

 

4.橋脚

4.橋脚

 完成した深礎杭の上に橋脚を作ります。

 足場を組み立てて、鉄筋、型枠、コンクリートを1ブロックずつ施工します。

夏井高架橋は、橋脚の高さが30m以上あるのでエレベーターも設置します。

 

5.主桁

5主桁

 主桁(橋げた)を4メートル程度のブロックに分割して、橋脚から左右に1ブロックずつ施工します。

移動作業車という機械を用いて、橋脚と橋脚の真ん中付近まで主桁を伸ばしていきます。

 

6.完成

6.完成

 主桁の中央部と端部をコンクリートで繋げた後、

走行面の両側に壁高欄(防護壁)を設置して、完成となります。